アンプには大きく分けて3つの種類があります


プリメインアンプは1台で音楽を楽しめます

アンプの中でも標準的なものはプリメインアンプです。これは1台でアンプの機能を持つもので、複数のオーディオ機器を接続する、スピーカーの出力端子にスピーカーケーブルを接続すれば音楽を楽しむことが出来ます。アンプの音質は電源トランスの大きさで決まると言われていますが、プリメインアンプはプリ部とパワー部の2つの電子回路を持つもので、一つの箱の中に入る電源トランスの大きさは決まってしまうため、誰が聞いても音が良い、音質が良いなどのような工夫が行われています。

セパレートアンプは組み合わせが出来ます

プリメインアンプの場合は1台でアンプの機能を持ちますが、セパレートアンプの場合はそれぞれの役割があるので1台で音楽を楽しむことは出来ません。セパレートアンプと言うのは、プリメインアンプのプリ部とパワー部が独立しているものです。プリ部はプリアンプ、パワー部はパワーアンプと呼ばれており、プリアンプは主にファンクションや音質の調整、ボリューム機能を持ちます。これに対してパワーアンプは音を増幅するための機能を持つオーディオ機器で、プリアンプと組み合わせることで初めて音楽をたのしむことが出来るようになるのです。セパレートアンプの魅力はプリアンプとパワーアンプを組み合わせることが出来る、好みのアンプを選んで音楽を楽しめます。また、パワーアンプはステレオタイプとモノラルタイプの2種類があり、モノラルタイプのパワーアンプを使ってステレオ再生する時には同じパワーアンプが2台必要になります。

オーディオの買取は、目利きのいる専門業者に依頼をすることがおすすめです。価値をしっかりと評価できる業者を選ぶことで、高額査定の可能性を高めていくことができます。